Q&A

1.見舞金・保険金の請求手続き及び支払いについて

①事故が発生したら直ちに県PTA協議会安全互助会へ事故の報告をするとともに、「事故報告書・事故証明書」に必要事項を記入し、PTA会長の承認(署名捺印)を得た上で、県PTA協議会安全互助会事務局宛までにご郵送ください。

 

②見舞金請求書類(事故報告書の連絡を受けて保険会社よりご送付)

(1)見舞金請求書
(2)損害保険金請求書兼入院・通院申告書
(3)同意書
(4)医師が記入した診断書(保険金支払額が10万円以上の場合)
(5)示談書(損害責任保険請求の場合)
(6)その他、本会が必要と認める書類

☆治療がすべて終わりましたら②の書類を提出し、保険金の請求をしてください。

 

2.見舞金・保険金の支払いについて

①保険金は、損害保険会社より保険請求書で指定された口座に振り込まれます。

②見舞金は、保険金の支払後すみやかに、県P安全互助会より指定された口座に振り込みます。

③見舞金・保険金給付の請求期間は、事故発生日から1ヵ年です。

 

3.見舞金・保険金お支払いできない主な場合

〔見舞金〕

(1)給付が不適当と認められたとき(傷害保険金が支払われない場合に準ずる。但し、疾病見舞金、特定事故見舞金はその限りでない。)

〔損害保険金〕

(1)保険契約者、被保険者または保険金を受け取るべき者の故意または重大な過失による事故
(2)被保険者の自殺行為、犯罪行為、闘争行為による事故
(3)被保険者の無資格運転、酒気帯び運転、麻薬等の影響下の運転中の事故
(4)被保険者の疾病、脳疾患、または心神喪失による事故
(5)被保険者の妊娠、出産、早産、流産
(6)被保険者に対する外科的手術等の医療処置(保険金をお支払いするケガの治療を除く)
(7)地震もしくは噴火またはこれらによる津波
(8)戦争、暴動など
(9)放射能照射、放射能汚染
(10)頸椎症候群(いわゆる「むち打ち症」)または腰痛その他の症状で、医学的他覚所見のないものなど
(11)道路以外の場所での自動車、バイクなどによる競技・競争・興業中(練習中含む)による事故
(12)ピッケル等の登山用具を使用する山岳登はん、ハングライダー搭乗などの危険な運動中に生じた事故
(13)独立行政法人日本スポーツ振興センター災害共済給付の対象となりうるべき児童・生徒のケガなど

 

〔PTA賠償責任保険金〕

(1)保険契約者または被保険者の故意によって生じた損害
(2)地震もしくは噴火またはこれらによる津波によって生じた損害
(3)被保険者が損害賠償に関し第三者との間に約定を締結している場合において、その約定によって加重された損害賠償責任
(4)被保険者が所有、使用、管理する施設の改修、修理、取り壊し等の工事に起因損害賠償責任
(5)自動車・車両の所有、使用、管理に起因する損害賠償責任
(6)被保険者の占有を離れた物または飲食物に起因する損害賠償責任
(7)保管物の欠陥、自然の消耗もしくは性質による損壊に対する損害賠償責任
(8)借用する保管物を返還した日から30日を経過した後に発見された保管物の破損に対する損害賠償責任
(9)PTA活動の終了後に行われたPTA活動以外の活動によって生じた損害賠償責任など

 

県Pフェイスブックにて情報発信をしていきます。FBページへの「いいね!」をよろしくお願いいたします。
https://www.facebook.com/ptakanagawa

 

 

<お問い合わせ>は

  コチラ から!

 

◇ 役 立 つ 情 報 ◇

武勝美先生
武勝美先生

エコー教育広報相談室(無料)

PTA広報づくり
なんでも相談室

神奈川県

子ども・若者相談機関案内

 

県教委発行・平成26年度版

かながわの学びづくりプラン