「まなびや通信」 バックナンバー

ほぼ週刊 まなびや通信 神奈川県PTA協議会 vol.24 20121231日発行

━━━■目次━━━

1】キコリと羊と子供達⑤

【2】県Pからのお知らせ

【3】今後の県P

━━━━━━━━━━

 「♪もうい~くつ寝~る~と~お~正~月~・・・♪」ってアンタ明日!あ・し・た!!「えっもう?じゃ未年?」アホか、巳年でしょ。アンタだけよ年がら年中未年なんは。「YESヒツジNOTヘビ!でもヘビさんみたく細~く愛して・長~く愛して」何それ?!今日は全然キレがないね~・・・。

 とまぁ毎度の意味不明な小芝居で始まりましたが、今回も山岳系PTA杉山が好き勝手に森と羊臭プンプンの子供達の日々を書き綴ってみたいと思います。

よく「ところで何で羊なの?」と聞かれ「未年生まれだからかな」と答える。「普通畜産つったら牛・豚じゃない?」と言われても「・・・。」社会的風来坊だった若き日の私が羊と出会った(初めて抱きついた)のが、岩手の某有名農場であるK岩井農場の研修会での事。完全に嵌った私はその後北海道の離島の町営めん羊牧場へ(業界じゃ超有名でまるで日本とは思えない羊の島)。いつか自分の羊を・・・と思い描いてた頃「岩手行ってみない?羊飼い探してるんだって」と世話になった方から連絡もらった。{やるなら今しかねェ~!}と喰い付いた私。結婚と同時に(仕事がみつかっただけだというのに、よく結婚許してもらえたと思う)行った先は岩手の住田町(陸前高田の隣町)。そこから私達家族の物語は始まった。

━━━━━━━━━━━━

1】キコリと羊と子供達⑤

━━━━━━━━━━━━

宮沢賢治の【風の又三郎】で有名な種山ヶ原(標高約800mの高原)で春~秋は放牧し(家から20㎞ある)冬は近所で借りた畜舎で越冬する。3人の子供のうち上の2人は岩手生まれ。2人とも保育園の頃、夏に冬用の乾草作りをしていて長男を膝に乗せトラクターをガタゴトガタゴト・・・{寝てるよ、この揺れで?!}。秋に堆肥を散布するのに下の娘を膝に乗せユンボでガーガー・・・{寝てるよ、この匂いで?!}。正月明けると仔羊の出産ラッシュ。1~3月は畜舎泊り込みで酒は一滴も飲まなかった。子供達は仔羊触り放題抱き放題。春になるとまんまる仔羊が飛び跳ねている。「アイツ美味そうだな」と私。「うん、そうだね」と息子。ある晩「この肉うめェな~」と私。「ホント、ホント」と息子。「なんの肉か分かる?」と聞くと「ヒツジさんでしょ」GOOD!そうなんです、私達は命を頂いて生きてるんです。ある時キコリの後輩が私に言った「昨日テレビで牛の屠殺の事やってて可哀そうになって・・・これから少しずつ菜食主義になろうかなと思うんです」なぬ?「それじゃ何かい?俺達が伐ってる木の声がもしも聞こえたとしたらお前キコリ辞めるの?聞こえないだけで必死に叫んでるかも知れないじゃん」と言うと口ごもった。しまいにゃ「俺たちの仕事は地球的環境整備なんよ、下手すりゃ宇宙の中の地球なんだから宇宙規模の環境整備なのよ!分かる?!」とかなり強引な私。すると後輩が「それにしちゃ俺たちの社会的評価低く感じません?」「・・・。」口ごもる私。{それ言うたらアカン、言葉にして言うたらイカンよ、悲しくなるだけじゃない・・・}でも、優しさやいたわりをはき違えちゃイカン。可愛いから?哺乳類だから?野菜や植物にだってきっと私達には聞こえない声があるよ。それらを程々に頂戴しつつ私達は生かされてるんだと思う。春桜咲く頃に羊の毛刈り。あちらコチラで毛刈りのバイト。時折保育園や幼稚園で『毛刈り&羊のふれあい』。それが今でも続いて近所の幼稚園・小学校でやっている。初めて岩手の幼稚園に呼ばれた時は正直毛刈りの最中に足震えた。だって地域新聞やらケーブルTVやら。中でも特に一番ビビッてたのが子供達の声。当然バリカン使うのだが少しでも出血しようものなら「キャー、可哀そう!」間接的にこう聞こえる《あのオッサンひでェ~、羊さんの敵~!》と。近年はようやくプレッシャーと子供達のブーイングにも慣れしゃべりでカバーする事を身につけました。でもひとたび羊さんを触ると、そのフカフカ感やらテカテカ感やらポカポカ感で子供達の表情は一変ニッコニコで羊から離れようとしない子も。小さい子は背中に乗せてあげて「はい、ポーズ」。興味津々で満面の笑顔な子供達に会えるだけで、至極の喜びを感じている私がいる。やっぱ森と羊と子供達ってbest matchだよね~!

おや?今回もタラタラと書いちゃったようですな。またいつか機会がありましら「雪が恋しい?!」もしくは「父ちゃん!顔変形してね~?」「おっ熊だ~!」etc.お送りしたいと思います。

 それでは皆さん『2012年ありがとう、2013年も楽しんじゃお~』で元気よく(柴田会長のように)、前を向いて(我慢も大切!)、森に抱かれつつ(火の用心!)、夜空に悠久の思いをはせ(的川先生良かったです)、次の高みに向かって「POWERTOTHE・ピーポー」(Byジョンレノン)しちゃいましょう!!(南足柄 杉山)

 

━━━━━━━━━━━━

2】 県Pからのお知らせ

━━━━━━━━━━━━

【かながわ学力向上シンポジウム】

日時 125日(金)13:30

会場 藤沢 総合教育センター大講堂(善行庁舎)
事例発表 綾瀬市立城山中学校、小田原市立三の丸小学校、厚木市立清水小学校

シンポジウム「小・中学校における学力向上に向けた取組の成果と課題」

  待ってました、☆熊切副会長☆がパネリストで参加します。お近くの方、応援よろしくお願いします!(事前申し込みは不要)

 とっても気になるペーターんちの羊さんチェビとコリを取材に行って来ました。

http://www.facebook.com/photo.php?fbid=399609926781684&set=o.314534095285873&type=1&theater

 

 県Pfacebookページに、あの『オール1の落ちこぼれ、教師になる』の宮本延春先生から「いいね!」をもらいました。宮本先生先のFBはコチラです。

http://www.facebook.com/masaharu.miyamoto.77?fref=nf_fr

 

 県教委より

1)1月27日 神奈川県立青少年センター「子どもフェスティバル」

ダンス、吹奏楽、子ども会大会、益田先生実験ショー、わいわいカフェと盛りだくさん

http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/501639.pdf

 

━━━━━━━━━━━━

3】 今後の県P

━━━━━━━━━━━━

  H24.01.17(木)神之木台分館

第9回役員会 13:00

関ブロ実行委 15:00

安全互助会役員会117:00

 

  H25.01.23(水)児童・生徒の安全安心に関する講演会

講演 スマートフォンの光と影

講師 田島和彦氏(川崎市PTA協議会ホームページ運営顧問)

湘南台文化センター

役員・理事集合13:00

開会     14:00

理事会    15:45

新年会    17:30

 

  H25.02.14(木)バレンタインデー

10回役員会 13:00

関ブロ実行委 15:00

 

  H25.02.22(金)神奈川教育会館(藤棚)

理事会 13:00

教育を語るつどい 15:00

懇親会 17:00

 

  H25.04.16(火)県P年度末総会

神之木台分館?

 

  H25.06.07(金)県P定期総会

神之木台分館

━━━━━━

 編集後記

━━━━━━

師走も押し詰まってからのペーターこと杉山理事の「キコリと羊と子供達」、その内容も字数も驚きの連続!怒涛のアップにお付き合いいただきありがとうございました。杉山くんもお疲れ様でした。最高でしたよ!再登板もありですね。

手探りで始めた県Pメルマガ「まなびや通信」も今回で24号となりました。見える化委員会メンバーの頑張りで、それなりに回は重ねることができ、何とか読者の皆様にも喜んでいただけているようです。そして遂に今年最後の発行になりました。来年は、1月2週目頃を予定しております。ということで更新もお正月休みとなりますが、ホームページにバックナンバーも載せていますので、チェックして未読の過去記事などを開いたりしていただければとっても嬉しいです。

http://www.pta-kanagawa.com/「まなびや通信」バックナンバー

 

皆様、良いお年をお迎えください!

 

 メルマガへのご意見・ご要望もinfo@pta-kanagawa.com お待ちしております。(見える化 た)

 

県Pフェイスブックにて情報発信をしていきます。FBページへの「いいね!」をよろしくお願いいたします。
https://www.facebook.com/ptakanagawa

 

 

<お問い合わせ>は

  コチラ から!

 

◇ 役 立 つ 情 報 ◇

武勝美先生
武勝美先生

エコー教育広報相談室(無料)

PTA広報づくり
なんでも相談室

神奈川県

子ども・若者相談機関案内


県教委発行・平成25年度版

PTA活動のためのハンドブック

 

県教委発行・平成24年度版

家庭教育ハンドブック「すこやか」

 

県教委発行・平成26年度版

元気な学校づくり通信「はにい」

 

県教委発行・平成26年度版

かながわの学びづくりプラン