「家庭・学校・地域が共に協力し結びあおう」

令和2年度 会長 足立原 隆之
令和2年度 会長 足立原 隆之  

 令和元年度を共に活動していただきました神奈川県PTA協議会の役員、理事の皆さま、また各市町村郡PTA事務局をご担当いただきました皆さまに心より御礼と感謝を申し上げます。この一年を振り返りますと、子どもたちの学校生活を脅かすような凶悪な事件や度重なる自然災害、さらに新型コロナウイルス感染症の拡大においては、これまで誰も経験をしたことのない状況下での活動であったと思います。しかし、だからこそ、皆さまと出会い共に活動した時間は、掛け替えの無い貴重な時間であったと思えます。そして緊急事態宣言により諸会議の中止を余儀なくされ、役員、理事の皆様に感謝の言葉を直接お伝えできなかったことは、本当に心残りであります。

 各市町村郡PTA協議会ならびに単位PTAの役員の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症拡大により大変な状況下であるにもかかわらず、知恵を出し合い、工夫をし、子どもたちのために活動をされていることに、心より敬意を表すところであります。

学校では、休校期間から段階的に分散登校・時差通学・短縮授業などを行っておりますが、子どもたちの環境が一日でも早く取り戻せることを心より願います。

 まだまだ、新型コロナウイルス感染症の影響が残る中、PTA活動は様々な対応に迫られるかと思われます。しかし、このような時だからこそ、我々はこれまで以上に家庭・学校・地域のコミュニケーション力を存分に発揮させ、PTAは地域の要として、子どもたちの命・笑顔を守るために、共にこの局面を乗り越えてまいりましょう。

 新年度を迎えるに当たり、事業の内容や開催方法の見直しをする中で、県PTAへの分担金につきましても協議をしてまいりました。現段階では開催の有無が未確定な事業もあり、分担金の減額(返金)につきましては、引き続き検討をしてまいります。各市町村郡PTA、また単位PTAの活動にできる限り寄り添えるよう尽力してまいります。

 令和2年度、県PTAの役員、理事、代議員の皆さまにおかれましては、例年とは違い様々な面で困難な事も多くあるかと思われます。他の地域との情報共有はもちろん、様々な課題の解決策を共に見いだせるような有意義な県PTAとなるよう、ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

<お問い合わせ>は

  コチラ から!