まなびや通信 バックナンバー

ほぼ隔週刊 まなびや通信Vol.67 神奈川県PTA協議会
2014年8月12日発行
━━━■目次■━━━
【1】夏休みも中盤で・・・
【2】いいえがYesで、Noがはい?~日本人の優しさ~(小田原・岡田)
【3】今後の県P
━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━
【1】夏休みも中盤で・・・
━━━━━━━━━━━━
 さて、三回目。二度あることは三度ある。三度もあれば日常と、何とか慣れの見える笹原です。
夏休みも中盤、お母様方は給食もお弁当もないこの休み期間、三度三度の食事の準備とさぞやご苦労の日々だと思います。
加えてお盆!旦那の分までカイ!
などと、誰であれ、粗大生もの扱いされていないことを、せつに祈っております。田舎に帰るにせよ、実家で迎える側になるにせよ、気を使う日々でしょうからねえ。。。
 さて、こども達の休みも終盤にさしかかり、宿題の進行具合とか仕上がり程度も気になりますねえ。
拙宅では、先日にお勉強の仕方で一くさり。
どうも最近の子は、塾にいきゃー勉強している気になるみたい、プリントに書き込みさえすれば覚えられる気になっているみたいで、噴飯ものです。
そもそも、自分で勉強の仕方ってやつも工夫するほどでなくて、何が頭のよい子でしょうか。
結果、穴埋めで頭に入るほどの、デジタルカメラ並みの記憶力だと、どの血筋で思い込んでいるのやら。

学問に王道なし。
サッカーから野球まで、何であれ基本は体にしみこませるのが基本だって事は、頭を使う事だって同じ事でしょ!(清川・笹原)

━━━━━━━━━━━━
【2】「いいえ」がYesで、Noが「はい」?
  ~日本人の優しさ~    (小田原・岡田)
━━━━━━━━━━━━
今年度より執行役員になりました岡田(小田原)です。よろしくお願いします。
今回は夏休みということもありますので、少しゆるめの内容で...私の職場での出来事をご紹介したいと思います。

五月半ばに大学三年生のインド人が、私の職場にインターン生として三ヶ月間の研修にやってきました。インドは英語とヒンディー語を共通語として使用している国ですが、国内の一般的な言語はアワディー語やビリー語、ボージュプリー語、ブンデーリー語、チャッティースガリー語・・・
と、まだまだ沢山の言語を使用している国だそうです。
 試しに文字を書いてみてもらいましたが、「これはどうみても文字ではなく暗号でしょう!?」と思うほどでした。

そんなインターン生の"J君"と私たちは英語で会話をします。
会話の中で一番驚いたことは、日本とインドでは「はい」「いいえ」のジェスチャーが全く逆であるということです。
 日本では、「はい」という意思を伝える時には首を縦に振り、「いいえ」という意思を伝える時には首を横に振ります。垂直と水平の動きで理解や同意、承諾、確認を表していますよね。
 しかし、インドではこのジェスチャーの意味が全く逆だったのです。

私たちが「分かりましたか?」と質問をしても、J君は笑顔で首を横に振るので、「分からないのに、どうして笑顔なのだろう?」と私たちは戸惑い、「どうしたら理解してもらえるのだろうか?」と悩んでいましたが、そんな時、同じように違和感を感じていた同僚がネットで調べたところ、日本とインドでは、このジェスチャーの意味に違いがあることが分かったのです。
 私たちはそのことをJ君に説明し、理解してもらった上で、日本滞在中は日本のルールで、「はい」の時には首を縦に、「いいえ」の時には首を横に振ってもらうことにしました。

平日は私たちと一緒に仕事をし、休日は日本の文化に触れたいという事でJ君は色々なところにお出かけしたようです。上野や秋葉原、鎌倉、江の島、箱根、ディズニーシー、富士山、富士急ハイランド、等々。。私たちとはお好み焼きパーティーやバーベキュー、ボーリング、釣り堀、そして居酒屋などに一緒に行き、楽しみました。
 J君に「日本で一番気に入ったものは何?」と尋ねると、一番は富士急ハイランド、二番は秋葉原、三番は箱根、と答えてくれました。富士急ハイランドの話をする時には興奮しながら、ジェットコースターの素晴らしさを熱心に語ってくれました。

そんなJ君が研修最終日に、「日本での一番の思い出は、日本人の思いやり、優しさだ」、「言語は違っていても、心は通じ合えることがわかった」とカタコトの日本語で挨拶をしてくれました。
 J君がそのように感じることが出来たのは、こんな出来事もあったからです。日本滞在中、J君は財布を無くしてしまうというハプニングがあったのですが、その時、タクシーの中に置き忘れていた財布を運転手の方がJ君の宿泊先までわざわざ届けてくださったそうです。もちろん財布の中身は無事でした。この出来事にJ君はとても驚き、日本人の優しさに感動したようでした。

日本人の優しさに心が温まるのは、外国人だけではないですよね。
皆さんも、どこかで困っている方などに出会ったら、日本人、外国人に関係なく少しだけ勇気を出して、笑顔で声をかけてみては
いかがでしょうか?

━━━━━━━━━━━━
【3】 今後の県P
━━━━━━━━━━━━
8月12日(火)13日(水)
県教育事業協力(大和市立渋谷中)

8月22日(金)23日(土)
第62回日本PTA全国研究大会長崎大会

8月29日(金)
13:30~14:45   委員会
15:00~15:30   安全互助会理事会
15:30~17:00   県P理事会
先月7月11日から順延の役員会理事会は、今月29日に行われます!!神之木台!(~_~;)

10月22日(水)   神奈川県PTA委員会&理事会&県教育委員会との連絡会
10月25・26(土・日)日本PTA関東ブロック大会さいたま大会
11月13日(木)   神奈川県PTA大会・相模原市
12月12日(金)   神奈川県PTA理事会&県校長会懇談会

━━━━━━
 編集後記
━━━━━━
全国PTA大会の恐ろしさは、なんと今日長崎に行こうと予定しても、この日程の飛行機はおろか市内の宿泊申し込みさえできないことで、実感しました。
彼の地では、そんな大会準備を支えるべく、現地の仲間が頑張っていると言うことでしょう。
 ここ神奈川でも、広報委員会の仲間が遊部さんを中心に号外発行準備に没頭中!
頭から湯気が出ているかも知れません。薄くならないことばかりを祈ります。いや別に薄くてもステキですけど。。。
 さて次回担当は、三浦市の清水さん。夏と言ったら、海辺にビキニ。。。期待してます!!
さらに今月は、日本PTA大会長崎大会もあり、広報サポーターのみならず、ご出席のみなさんには、各地の分科会報告など、期待しておりますよ!
PTAからの援助もあってのご出席、出席リポートは、必須でしょ!(o^-')b

皆さま!お楽しみに!(って言うか、記事執筆、よろしくね!)

引き続き関係者の皆さま、メルマガ登録の促進に、またイベント開催情報などの情報提供や意見・ご相談など、ご協力下さい。

追伸:何で、「生活時間表」ってやつは、守られたことがないのでしょう?!

県Pフェイスブックにて情報発信をしていきます。FBページへの「いいね!」をよろしくお願いいたします。
https://www.facebook.com/ptakanagawa

 

 

<お問い合わせ>は

  コチラ から!

 

◇ 役 立 つ 情 報 ◇

武勝美先生
武勝美先生

エコー教育広報相談室(無料)

PTA広報づくり
なんでも相談室

神奈川県

子ども・若者相談機関案内


県教委発行・平成25年度版

PTA活動のためのハンドブック

 

県教委発行・平成24年度版

家庭教育ハンドブック「すこやか」

 

県教委発行・平成26年度版

元気な学校づくり通信「はにい」

 

県教委発行・平成26年度版

かながわの学びづくりプラン